外反母趾|後脛骨筋腱機能不全症から引き起こされる外反母趾

外反母趾

外反母趾について

外反母趾|後脛骨筋腱機能不全症から引き起こされる外反母趾

また後脛骨筋腱機能不全症と言う名前の病気があるのですが、この病気も外反母趾を引き起こします。
後脛骨筋腱機能不全は昔には認知されていなかった、最近の病気です。
女性でも四十代以降の人がなる確率が高く、くるぶしや足首の内側の下が腫れ上がり、痛みも伴います。
偏平足になり、前足部が外側に曲がります。
後脛骨筋腱機能不全症の手術をするときに、必要であれば外反母趾の手術もすることが多いようです。
このように、他の病気が要因となり外反母趾が起こることもあります。
しかし、外反母趾に悩む多くの人はハイヒールを履き続けたなど足への負担から外反母趾になるケースがほとんどのようですね。
どちらにせよ、外反母趾は体の土台である足を痛めるものです。
治療には積極的に取り組んでいきましょう。