外反母趾|ヘバーデン結節で起きた外反母趾とは、通常の外反母趾とは異なる

外反母趾

外反母趾について

外反母趾|ヘバーデン結節で起きた外反母趾とは、通常の外反母趾とは異なる

ヘバーデン結節でなった外反母趾は、通常の外反母趾とは全く切り離して考えなければなりません。
ヘバーデン結節の病気の特徴として、それはリュウマチのように関節が弱くなることです。
関節がもろくなると腰や膝、首や足といった関節部分の変形や骨折が生じてきます。
へバーデン結節は手から始まるもの、外反母趾として足から始まるもの、腰や膝から始まるものがありますが、どれも初期の段階では見過ごしがちの軽い症状になります。
初期で足だけに出たのであれば、ただの外反母趾と勘違いしやすいです。
残念なことに予防しようにも原因も分からず、血液検査などを用いても異常数値を発見することができません。
そのため人々の間に浸透していないようですが、外反母趾を引き起こす恐ろしい一つの要因として覚えておくと良いでしょう。