外反母趾|リウマチや膠原病が引き起こる外反母趾の実態

外反母趾

外反母趾について

外反母趾|リウマチや膠原病が引き起こる外反母趾の実態

また、リウマチにより引き起こされる外反母趾もあります。
リウマチのみならずリウマチとよく似た症状の膠原病でも、同じことが言えます。
これらの病気になるとカー足の指の関節が不安定になり脱臼を起こします。
靭帯も伸びてしまい、足のアーチも崩れます。
そのせいで、偏平足や開張足にもなります。
このようになってしまえば裸足でも足が痛い状態ですので、常に病院から出された治療靴を履いていなければならなくなります。
更に進行すれば、外反母趾の手術を受けることとなります。
しかし、リウマチや膠原病が原因のため、状態の悪いのは足だけの問題ではないのが厄介なところです。
足だけではなく、体全体の関節も弱くなっているので、全身の様子を見ながらの外反母趾の手術と言うことになるでしょう。